JoE McCoYのレザージャケット

JoE McCoYのレザージャケット

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

以前ご紹介した、30'S、40'Sの定番型とは一味違ったレザージャケットのご紹介です。

まずはコチラ↓


SINGLE-POCKET LEATHER SPORTS JACKET』です。
デニムジャケット1stタイプのディテールを持つ、1930年代頃の革製スポーツジャケットをベースとして、メインマテリアルにホースハイドを使用した1着になります。
やや厚みのある革を使用していますが、非常にしなやかで着易いです。
ライニングにはコットン、袖にはレーヨンを使用しているので袖通しが良いです。
背中には、アジャスターベルトが取り付けられており、若干の調整なら可能です。
カジュアルなスタイルにはもちろん、キレイめなスタイルとの相性も良さそうですね。



続いてはコチラ↓


70's LEATHER JACKET / DEAD WOOD』です。
60年代~70年代にかけて生まれた独創的なジャケット。
フロント、ヨークの曲線で表現されたステッチが非常に目を引くデザイン。
大き目の襟やジッパー、ポケットなども注目すべきディテール。
特に、背中の特徴的な形のパネルは存在感抜群で、ユニークさが際立っています。
形成することが難しい曲線のステッチは、職人技冥利につきますね。
厚みのある革を使用していますが、とてもしなやかで着易いです。



最後はコチラ↓


DEERSKIN FRINGE JACKET』です。
60年代頃に見られるフリンジジャケットになります。
フリンジ部分は、当時と同じように全て手で裁断をしています。
柔軟性に優れているディアスキンを使用することで、タイトなサイジングであってもストレスなく着用していただけます。
シャツジャケットのような感覚で着用していただけるので、インナーには、Tシャツやシャツがオススメですね。


一味違ったレザージャケットをお探しという方、いかがでしょうか?
詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

ザ・リアルマッコイズ茨城
http://realmccoys-ibaraki.com/ 


 

ザ・リアルマッコイズ茨城フェイスブック
https://www.facebook.com/realmccoys.ibaraki/