リアルマッコイズブログ

783

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

U.S.NAVY PEA COAT』です。 リアルマッコイズ定番のピーコートが再入荷致しました。 冬の代表格としてお馴染みになっていますが、海軍で使用されていた歴史あるアウターだということはご存知だと思います。数々の歴史が詰まった1着が今回のPコートになります。 海軍で着用されていたことを示す、アンカーマークが入ったボタンはとても有名です。

コートと言っても、長過ぎず短過ぎずのミドル丈になっているので、ロング丈が苦手な方でも、抵抗なく着用していただけます。 かなり肉厚なダブルクロスメルトンは、風を通さず、防寒性にとても優れています。 特徴的な大き目の襟は、立ててボタンを留めることで、首周りまで覆ってくれるので、真冬の寒さも全く問題ありません。 船上にいる海兵達にとっては、海の上での寒さを乗り切る為にも、こういったディテールが非常に重要だったのではないでしょうか? 着用しても、重さを感じる事はありませんし、屈強なうえ保温性も抜群なので、これからの時期に重宝すること間違いなしです。今年は、Pコートで寒い冬を乗り切ってみてはいかがでしょうか? 『U.S NAVY Pコート

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/ 

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

BUCO THERMAL SHIRT / RIDING TOGS』です。 リアルマッコイズではお馴染みになっている、厚みのあるしっかりとした生地感が特徴的な、定番のボディを使用したサーマルがBUCOからリリースされました。 秋冬のインナーとして欠かせない存在にもなっているサーマル。屈強で厚みのある生地は、熱を外に逃がさず、抜群の保温性を約束してくれます。 体にピタッとフィットするような着心地が、より保温性を高め、真冬でもサーマルの上からジャケットを羽織るだけでも充分なくらいです。

「RIDING TOGS」とは、乗る為の衣料・道具ということであり、バイカーラインのBUCOらしく、バイクに乗る際のアイテムや装備の意味が込められているのではないでしょうか?

基本的には、合わせるジャケットを選びませんが、ライダースとの組み合わせが最も王道なのではないでしょうか?無地のサーマルでは少し寂しい印象でしたが、カスタムが施されるだけで、無骨さが和らいだようにも感じます。 まだ、着用するには早いかもしれませんが、本格的に着れる季節には完売してしまうかもしれないので、チェックはお早めにしていただくことをオススメします。

サーマルシャツ RIDING TOGS

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/ 

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

8 HOUR UNION GREY HBT SHIRT Lot.541W』です。 王道的なワークシャツの形ですが、今回は、ヘリンボーン生地でのリリースになります。織り柄が、近くでなくてもハッキリと浮かび上がっているので、単体で着用しても、ジャケットのインナーにしても存在感があります。

ディテールの随所に王道のワークシャツらしさが垣間見えており、左右非対称なポケットや裾のマチ、チンストラップ。さらに、左の山型ポケットのボタンには、エイトアワーユニオンのロゴが刻印されており、1枚で着用した時でも白字の刻印がシンプル過ぎない印象を与えてくれます。

定番的な形だからこそ、その使い易さと合わせ易さは抜群で、これからの時期だけに留まらず、年間を通して着用していただける万能な1着だと言えます。雰囲気に至るまでワークシャツらしさを感じていただけると思いますので、1枚は押さえていただきたいです。 『Lot.541W

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/ 

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

 

CAP, WOOL, KNIT, M-1941 (MA15102) 』です。

通称“ジープキャップ”との名でご存知の方も多いと思いますが、当時は“ブーニーキャップ”とも呼ばれたいたニットキャップです。

米陸軍が、冬場にヘルメットによって頭が冷えないようにと、ヘルメットの下に着用することを想定して作られた防寒用なんです。

単体で着用する兵士も多く、色々な戦線で着用されていたそうですよ。

折り返しの部分を下して、耳を覆うことで防寒出来るようになっております。

ウール100%でありながら、チクチクしないので、とても被り易くなっていますよ。

ミリタリースタイルは勿論のこと、様々な着こなしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

M-41ニットキャップ』は、多くの方に支持されたアイテムで、今やどのスタイルにも見かけるアイテムですね。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

 

BUCO's RACING VEST (BJ13103) 』です。

欠品となっておりましたレーシングベストが、再入荷致しました!

こちらも発売以降、大変人気が衰えないアイテムであります。

アウターシェルには、高密度なコードクロス地が使用され、ライニングにアルパカウールが張られたベストです。

ライダーの防寒を目的として作られたこちらのベスト、着用時にダブつくことなく羽織れ、保温性を高めてくれますよ。

シンプルなデザインと、ブラックの武骨な印象が人気なのかもしれませんね。

レザーは勿論のこと、シャツやパーカ等と着こなしにも相性抜群の『レーシングベスト』です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

NAVY Watch Cap (MOD) (MA15101) 』です。

支給された軍服等を、各自がカスタムして愛用していました。

それによって、色々なカスタムが存在するんですよね。

ワッチキャップも同様に、下士官たちが個々にカスタムして愛用していたそうです。

こちらのワッチキャップのように、トップにポンポンを付けてカスタムしていた兵士も多かったそうですよ。

小振りに作られたポンポンが、男性にも合うデザインでとっても格好良いんです。

ウール100%ですが、柔らかなウールなので、被り易くなっています。

折り返しを1回にしても良し、2回にして当時の水兵のように被っても良しですですね。

男女問わずはもちろん、このタイプのニットキャップが苦手な方でも、違和感なく被って頂ける『ワッチキャップ・モデ』です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

 http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

 

U.S.NAVY PEA COAT (1913) 』です。

約100年も前に採用されたピーコートを、リプロダクトしたこちらのピーコート。

昨今でも色褪せぬデザインとして親しまれています。

世の中に出現するピーコートの原型と言っても過言ではないでしょうか。

特徴的なのは、スラッシュポケットの下にあるフラップ付きのポケットが備わっている点です。

その分、少し着丈が長くなっております。

後に、このポケットの姿が消えて、様々な変化を遂げて、現代のピーコートへ変貌していくんですよね。

その他、細部にわたり、当時の匂いを色濃く再現されております。

洗練されたデザインと野暮ったさが融合された『1913ピーコート』 です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

SCARF, WOOL-KNIT (MA11101) 』です。

毎シーズンリリースする度にご好評頂いている、こちらのマフラー。

トップシーズンには欠品になってしまう程、人気が衰えないアイテムです。

当時を再現したこちら、このシンプルなデザインが、マフラーを敬遠していた方にも支持があるようです。

そして、ミリタリースタイルは勿論のこと、様々なスタイルにも合わせやすい点も人気なのではないでしょうか。

カラーは、画像上(↑)の“ネイビー”と、画像下(↓)の“オリーブ”の2色展開です。

カラーに合わせて、ラベルも変えています。

どちらか1色を手にすると、もう1色も持ちたくなると、2色を所有する方も多いんですよ。

そんな虜になる『マフラー』です。

気になる方は、ぜひお早めにご検討を頂くことをお勧め致します。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

FIELD SPORTS JACKET /RED PLAID (MJ15143) 』です。

大変お待たせ致しました!

ザ・リアルマッコイズショップ限定販売の『レッドチェックのフィールドスポーツジャケット』が入荷となりました!

首をなが~くしてお待ち頂いたお客様方には、大変ご迷惑をお掛け致しました。

しかし、待って頂いたかいがございましたよ。

落ち着きのあるレッドをベースにブラックでチェック柄に施された、メルトンウール地がとても良い感じです。

そして、細部に使用されているホースハイドのブラックが、絶妙なバランスで仕上げられていますよ。

ネイビーのフィールドスポーツジャケット』とは、全く違った印象となるジャケットです。

既にお持ちの方も、“こちらは別物”とおっしゃる方が多いのも納得ですね。

大人が格好良く羽織れる『チェック柄のジャケット』です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

 

ザ・リアルマッコイズ茨城です。
本日の営業時間の変更のお知らせをさせて頂きます。

茨城店の店舗前の通りが、鹿島神社祭礼の為に17時より交通規制が掛かります事から本日に限り営業は16時30分までとさせて頂きます。

ご来店を予定されていたお客様方には大変ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

http://www.realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

VEST,FLYING WINTER, TYPE C-2 (MC15101) 』です。

A-2を中心としたフライトジャケットのインナーとして、開発されたニットウエアです。

タイトでショートなシルエットが特徴で、薄手で保温性に優れております。

A-2等のインナーとしては勿論のこと、シャツの上に羽織って着たりと、様々な着こなしを楽しんで頂けるアイテムです。

これからの季節に大活躍すること間違いなしの『C-2ヴェスト』です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/ 

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

SWEATSHIRT / LOOP WHEEL (MC13111) 』です。

シーズン中に品切れも出てしまう程の好評な、こちらのスウェットシャツ。

人気の高さは、ゆっくり時間を掛けて編み上げた、吊り編みチューブ生地を贅沢に使用しているからかもしれません。

一度袖を通すと、柔らかくしなやかな肌触りに、病みつきになってしまうのではないでしょうか。

丸胴ボディに、額縁の両Vガゼット付き、そしてフラットシーマで縫製されていたりと、手間の掛かる仕様に仕上げられています。

王道なスウェットの代表格と呼べる『スウェットシャツ』です。

カラーは、画像上(↑)の“ミルク”と、画像下(↓)の“グレー”の2色展開です。

どちらのカラーも捨てがたい王道なカラーです。

吊り編ならではの味わいをぜひご堪能くださいませ。

その着心地の良さに虜になってしまうとでしょう・・・

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

WOOL BASEBALL CAP (MA15114) 』です。

A-3キャップのようなデザインのメルトンウールを使用した、ベースボールキャップが入荷となりました!

上質なショートビーバーメルトン地は、柔らかく織目が見えない程、密に仕上げられ、とても軽く被り易くなっています。

カラーは、濃紺に仕上げられているので、いろいろな着こなしにも相性抜群です。

クラシックなデザインの『ウールベースボールキャップ』なので、これからの季節に大活躍すること間違いなしですね!

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

DOWN VEST / DEER SKIN (MJ10145) 』です。

品切れとなっておりました『ディアスキンダウンベスト』が入荷となりました!

おかげさまで、毎リリースする度に大変ご好評を頂いているアイテムでございます。

贅沢に使用されているディアスキンの素材の魅力と、高い保温力、そしてデザインが指示を頂いているようです。

これからの時期は、シャツの上に羽織ったり、パーカーやジャケット等の上に羽織ったりと、着こなしの幅が広い『ディアスキンベスト』です。

レザーのダウンベストをご検討中の方、ぜひ一度ご覧くださいませ。

ディアスキンの軽さと着易さ、ダウンベストならではの実用性等を体感してみてはいかがでしょうか。

詳しくは店頭にてご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

 

TYPE MA-1 TEST SAMPLE (MJ15114) 』です。

ご存知の通り、MA-1を正式採用する前に、試験的に作られたMA-1です。

当時を再現して、フロントとシガレットポケットのジッパーは、今はなき“クラウン社”のデッドストック品が使用されています。

数限りある“デッドストックジッパー”を、贅沢に使用した拘りのジャケットとなっておりますよ。

古き良き時代の物作りをお好きな方は、この機会をお見逃しのないようお気をつけくださいませ。

MA-1テストサンプル』ならではのディテールが満載に仕上げられた逸品です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://www.realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

ALPACA VEST (MJ15109) 』です。

先行して‘ネイビーのステンシルモデル’が入荷となりましたが、続いて“カーキのステンシルモデル”が入荷となりました!

以前発売した際に、大変ご好評頂いたこちらのモデル、惜しくも買いそびれてしまったという方も多いのではないでしょうか。

カラーは2色と選べるので、ぜひこの機会をお見逃しないようお願いします。

まだ着用出来る季節ではないと思いますが、早めにスタンバイして頂いておくことをお勧めします。

すぐそこまで秋がやってきていますよ。

着こなしの幅がぐ~んと広がるアイテムですので、1着お持ちになると色々と役に立ってくれるベストです。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

 http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

ALPACA VEST (MJ15109) 』です。

以前リリースした時も、大変ご好評頂いていたアルパカベストが、遂にネイビーカラーもリリースとなりました!

このネイビーは‘初リリース’となりますよ。

先行して“ネイビーのステンシルモデル”が入荷となりました。

落ち着いたネイビーの色合いと、小振りにペイントされたステンシルのバランスがとても格好良いんです。

画像はシャツと合わせていますが、ジャケットやパーカー等と合わせても相性抜群ですよ。

着こなしのバリエーションが増える『アルパカベスト』は、かなり重宝するアイテムです。

以前発売されたカーキを既にお持ち頂いた方は、ネイビーも捨てがたい色ですよ。

色が違うとまた異なった印象になるので、お気に召して頂いているのであれば、ぜひともお勧めです。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

その他のカラーは順次入荷となりますが、店頭ではご予約も承っております。

http://realmccoys-ibaraki.com/

 

※本日より通常営業となります。

 お時間がございましたら、遊びにいらしてくださいませ。

 お待ちしております。

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

茨城店は明日の定休日に加え、13日木曜日も店休とさせて頂きます。
金曜日からは通常通り営業致しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

尚、WEBショップは通常通り営業しておりますが、ご対応は15日土曜日以降になりますので、ご了承くださいませ。

http://the-realmccoys.ocnk.net/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介させて頂くのはこちらです。

TANKERS / HEEL ON WHEELS (MJ15106) 』です。

以前のブログでご紹介した「タンカース Spec No.26」をベースにカスタムされたモデルです。

袖には階級章と師団のパッチが施され、背中には転戦したマップがペイントされています。

カスタムのバランスも程よく落ち着いたデザインなので、カスタムが不得手な方でも着易くなっていますよ。

両袖に施されたパッチのハンドステッチが、とても良い感じに仕上げられています。

手の込んだ仕上がりなのに、プレーンと\5000(税別)しか違わないので、どちらのタンカースにするか悩んでしまいますね。

カスタム好きはもちろんのこと、初カスタムの方にもオススメな『カスタムタンカース』です。

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/

ザ・リアルマッコイズ茨城です。

本日ご紹介するのはこちらです。

 

PANAMA HAT (MA15014) 』です。

大変長らくお待たせしました!

待望のパナマハットがリリースとなりました!

待って頂いたかいがありましたよ、文句なしの出来栄えです!

ハットの拘りはご存知の通り、手を抜かないマッコイですが、今回のパナマハットもハイクオリティーな仕上がりですよ。

パナマハットの起源であるエクアドル産です。

隙間なく細かく編み込まれた帽体は、熟練の職人が成した賜物ですね。

ブリムの縁もミシンで縫われているのではなく、手編みで仕上げられた手の込んだ仕上がりです。

妥協なく仕上げられた『パナマハット』です。

本格的なハットをお探しの方は、ぜひこの機会をお見逃しなく・・・

詳しくは店頭でご覧くださいませ。

 

http://realmccoys-ibaraki.com/