Information

344

JOE McCOY LOT 905Sのご紹介です。
ジョーマッコイのスタンダードデニムと言えば905Sです。シルエットは、股上が少し深く、太すぎず、細すぎずのスタンダードなデニムです。各部ディティールにも抜かりはなく、デニムの中でも基本に忠実な1本だと思います。デニム選びに困ったら905Sを穿いてみてはいかがでしょうか?
是非、チェックしてみて下さい。
8HU HOUNDSTOOTH WORK SHIRTのご紹介です。
格子柄の少し品のあるワークシャツです。生地感は、やや厚みがありますが、とても着易いです。どことなくフォーマルな印象がある格子柄ですが、着てみるとキレイ過ぎないので、カジュアルから少し上品なスタイルにまで対応してくれる万能なシャツです。普段着用するジャケットのインナーに合わせていただきたい1着です。
是非、チェックしてみて下さい。
TYPE B-6 REAL McCOY MFG.COのご紹介です。
運動性、保温性を兼ね備えた冬の定番アウターの1つがB-6です。袖までムートンが敷き詰められているため、保温性は抜群です。B-3を改良して作られているため、ガッチリとした着心地ではなく、大変着易く運動性にも優れています。保温性に優れたアウターは数多く存在しますが、B-3のように運動性、保温性を共に兼ね備えたアウターはそんなに多くはないと思います。
是非、チェックしてみてください。
SWEATPANTSのご紹介です。
ラフなイメージが強く、ルームウェアとして活用する方が多いですが、是非、タウンユースとして穿いていただきたいです。シルエットは、あまりダボつかず太すぎることはありません。
スニーカーだけでなく、ブーツとの相性もいいです。キッチリとしたコーディネートのハズしとして穿いていただければ、ラフ過ぎずにまとめることもできそうです。ジーパンやチノパンなどでは、あじわう事のできない履き心地もスウェットパンツの魅力だと思います。
是非、チェックしてみてください。
C.P.O. SHIRT / MERMAIDのご紹介です。
現在ではとても希少な片ポケタイプのCPOシャツジャケットです。当時の水兵は、各々が個性をだすために見えない部分にカスタムをしていたようです。今回のモデルは、袖の裏にマーメイドの刺繍が入っています。肉厚なウール地ですが、ジャケットのインナーはもちろん、ジャケット感覚でインナーにシャツを合わせて着てみてもいいのではないでしょうか?
是非、チェックしてみて下さい。
8HOUR UNION BROWN DUCK PAINTER PANTSのご紹介です。
ダック生地が二重構造になっているため、耐久性のあるダブルニー仕様のペインターパンツになっています。ダックを使用していますが、生地感は硬くなく、ゴワつかないのでとても穿きやすいです。シルエットは、太すぎず、ダボつかないので、様々なスタイルにハマってくれそうです。
是非、チェックしてみて下さい。
PIQUE WORK VESTのご紹介です。
太畝のピケを使用しているため、どことなくコーデュロイのようにも見えますが、起毛していない分オールシーズン使えるベストです。肉厚な生地感で、ボタンが動物柄になっているのも特徴的です。ワーク系のコーディネートにも、少し上品なコーディネートにも相性抜群です。
是非、チェックしてみて下さい。
MILITARY THERMAL SHIRTのご紹介です。
もはや寒い季節の定番インナーとなっているサーマル。ハニカムという生地を使用しており、生地が凸凹しているのは、空気を溜めて暖かさを逃げにくくしてくれる効果があります。
これから寒い日が続いてくる上で、インナーは非常に重要です。まだ、お持ちでない方は、是非インナーとしてサーマルを着用してみて下さい。オススメです。
C-3 VESTのご紹介です。
A-2やG-1など、革ジャンの上に羽織るのが一般的ですが、ややゆったりしたサイズ感のベストなので、革ジャン以外のジャケットとも相性がいいのではないでしょうか?肉厚なパーカーやデニム素材のジャケットと合わせてみてもいいかもしれません。冬でも革ジャンを着たい方にとっては必須の1着だと思います。
是非、チェックしてみて下さい。
M-65 FIELD JACKETのご紹介です。
2ndモデルを採用したM-65。着丈は長過ぎず、短過ぎずのミドル丈で、シルエットはスッキリしているので、スタイリッシュに着用していただけます。2ndモデルまで採用されていたアルミジッパー、アジャストタブ横の三角形のパネルなど特徴的なパーツが多く、オリーブカラーもデッドストックを分析し、当時、納品されていた物を忠実に再現しています。インナーとして革ジャンや定番のシャツ、ニット、パーカーなどコーディネートの幅がとても広いのもM-65
の魅力でもあります。泥臭さがありつつも、スタイリッシュにタウンユースとして活躍してくれます。
是非、チェックしてみてください。
SCARF, WOOL-KNITのご紹介です。
これからの時期、首周りを寒さから守るのにマフラーは必需品です。革ジャン、ミリタリージャケット、ウールジャケットなどを着用した時の+αとして首元のアクセントにもなり、防寒性も同時に手に入れることができます。カラーも、オリーブとネイビーなので、大変使いやすく、重宝すること間違い無しです。
是非、チェックしてみてください。
DUFFLE COAT / LIGHT HOUSEのご紹介です。
機能性と耐久性の向上のために、補強テープを各所に使用。フードが大きめにできているのは、帽子を被った状態でも被れるようにして体温の低下を防ぐ為。フロントには、木製のトグル、麻紐を使用しています。シンプルなデザインでありながら機能性と防寒性を兼ね備えており、着丈も長めで防風性があるので、長時間の外出にも最適です。
是非、チェックしてみて下さい。
FULL ZIP HOODED SWEATSHIRTのご紹介です。
1着持っているだけで活躍すること間違いなしのスウェットパーカー。1枚で着てもキマってしまいますし、ジャケットのインナーにしてカジュアル感をだしたい時にも使えます。着方によって様々なコーディネートが楽しめるのもパーカーの良いところです。是非。普段のコーディネートにプラスしてみてください。手持ちのジャケットやシャツの活躍の幅も広がると思います。
USN UNDERSHIRT,WINTER N-1 / STENCILLEDのご紹介です。
今シーズンからリリースされているN-1アンダーシャツにステンシルを施した1着。素材には、コットンウールを使用、前後には特徴的な当て布による二重構造になっています。海軍系の1着なので、N-1デッキジャケットとの組み合わせが個人的にはオススメです。
是非、チェックしてみて下さい。
BUCO MOTORCYCLE GLOVE / DEERSKIN のご紹介です。
ディアスキンは、しなやかでかつ耐久性に優れたレザーです。グローブ自体は、とてもシンプルですが、使い込むことで徐々に馴染んでフィット感が増してきます。イエロー、ブラック共にライダースジャケットとの相性は抜群で、経年変化も楽しめるので、バイカーの方はもちろん、バイカー以外の方も普段使いとして使用してみてもいいのではないでしょうか?
是非、チェックしてみて下さい。
PIQUE CASQUETTEのご紹介です。
フロントをスナップボタンで留めるタイプのキャスケット。表面に高密度で畝の太い生地を使用しているため、見た目はコーデュロイのように見えます。オールシーズン使えるので、コーディネートのまとめ役としてお使いできそうです。
是非、チェックしてみて下さい。
8HOUR UNION WORKALLSのご紹介です。
ジップアップ式のオールインワン。ウォレットチェーン用のループやインサイドポケットなど機能性に富んだデザインです。機能性だけでなく、ファション性も高くこれからのシーズンに活躍するアウターとの相性も良く、着方によっては長いシーズン着用できます。
是非、チェックしてみて下さい。
MILITARY SWEATSHIRT / USCGのご紹介です。
マスコット・ベアーのプリントがとても可愛らしいスウェット。吊り編み機を使用しており、柔らかくとても着易いです。ジャケット+スウェットのシンプルなコーディネートも、プリントの入ったスウェットに変えてあげるだけでも大分印象が変わるのでオススメです。
是非、お見逃しなく!
DOWN VEST / DEERSKIN (BLACK)のご紹介です。
鹿革を贅沢に使用しているため、少し上品なダウンベストです。秋から冬にかけてダウンベストは大活躍してくれます。今の時期は、パーカーやネルシャツの上に羽織って、冬は、セーターやジャケットの上に着ていただくのが良いのではないでしょうか?カラーもブラックなので、合わせやすく、幅広い着こなしが楽しめると思います。
是非、チェックしてみて下さい。
DOUBLE FACE AFTER-HOODED SWEATSHIRTのご紹介です。
生地を二重に縫い合わせていますが、生地が柔らかいため、着た時のゴワつきなどはほとんどありません。通常のプルオーバータイプのパーカーと違って、フードが後付けされているのが特徴です。ジャケットのインナーにも最適なので、普段のパーカーを合わせたコーディネートとは一味違うスタイルが出来そうです。
是非、お見逃しなく。